ビジネス

大阪城公園で低速自動走行のモビリティー使い、実証実験 関西電力と損保ジャパン

大阪城公園で低速自動走行のモビリティー使い、実証実験 関西電力と損保ジャパン 画像1
関西電力 大阪城公園における移動空間サービスに関する実証実験

 

 関西電力(大阪市)と損保ジャパン日本興亜(東京都新宿区)は、大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業検討チーム」が募集していた「大阪城公園における実証事業」として、「iino」を活用した移動空間サービスの実証実験を3月17~21日、実施する。

 iinoは、時速1~5キロで自動走行するモビリティーを活用したサービスの提供とモビリティープラットフォームの運用をいう。実証実験は、観光地での外国人観光客を対象に、低速で走行するモビリティーの上で日本舞踊や和楽器演奏など、日本の伝統文化に関するコンテンツを提供するほか、茶や和菓子などのポップアップ式移動販売を行う。

 関西電力のiinoを活用し、損保ジャパンは施設内での自動走行の安全性を確保するためのリスクアセスメントや走行中の安全性を確保するための遠隔監視、完全自動運転に対応した専用保険商品の提供を行う。