ビジネス

ハンガリーで人気の人形劇「コリブリ劇団」が来日公演 子ども向けに上演

ハンガリーで人気の人形劇「コリブリ劇団」が来日公演 子ども向けに上演 画像1
人形劇コリブリ劇団 「キップコップとティップトップ」

 

 駐日ハンガリー大使館は「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念事業」の一環として、国際的に評価の高い人形劇「コリブリ劇団」の来日公演を、長野県千曲市、山形県遊佐町、岐阜市、東京都渋谷区の4会場で今月開催する。千曲市は2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会でハンガリーのホストタウンになっている。

 人形劇は、ハンガリーの首都ブダペスト生まれの絵本作家マレーク・ベロニカさんの代表作「キップコップとティップトップ」を元に、日本語で上演する。ベロニカさんは「ラチとらいおん」などで日本でも人気がある。

 長野県千曲市、山形県遊佐町、岐阜市の3会場は、各自治体と駐日ハンガリー大使館の共催で、3歳から6歳くらいの子どもを対象に上演し、自治体が参加者を募集している。入場は無料。

 東京会場は、特別公演として8月22日、同大使館主催、認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズの協力で、小児がんや重い病気と闘う子どもたちと家族を招待して行う。

 ・遊佐町公演:8月18日午前11時と午後3時の2公演。遊佐町生涯学習センター。3~6歳児親子、各回先着50組。問い合わせは遊佐町役場企画課、電話0234-72-4523。

 ・千曲公演:8月20日午後6時半。戸倉創造館。3歳以上の未就学児100人。問い合わせは千曲市教育委員会生涯学習課、電話026-273-1111。

 ・岐阜公演:8月24日午前10時30分。岐阜県図書館。3~6歳くらいの親子先着30組。問い合わせは、岐阜県図書館企画課、電話058-275-5111。

 

・日本・ハンガリー外交関係開設150周年:https://hungaryjapan150.events/