ビジネス

イラストと語呂合わせで楽しく韓国語を勉強 “hime式”単語帳、第2弾が登場

イラストと語呂合わせで楽しく韓国語を勉強 “hime式”単語帳、第2弾が登場 画像1
高橋書店 「イラストで覚える hime式 もっとたのしい韓国語単語帳』(hime著 1,500円+税)

 

 高橋書店(東京都豊島区)は、1月24日に「イラストで覚える hime式 もっとたのしい韓国語単語帳」(著者:hime(ヒメ)さん)を書店とオンラインストアで発売した。価格は税別1500円。

 「hime式」とは、hime氏が韓国語を勉強する際に考えた学習方法の一つだ。笑ったり、驚いたりして「感情を動かすことで単語を覚える」という方法。himeさんによると、人の記憶は感情の動きとセットになると、より強く残る性質があるという。本書はそれと同じ原理を使い、インパクトのあるイラストと関連した語呂合わせを用いて、単語の発音と意味を覚えていく内容だとしている。

 また、himeさんは「同じような内容が続くと脳は新鮮さを感じなくなり、記憶する力は弱まる」と考えており、本書では脳が飽きないように、イラストをいろいろなテイストで仕上げた。まずは勉強というよりは、漫画を読むつもりで読んでほしいとしている。

 著書は2018年8月に発刊した「イラストで覚える hime式 たのしい韓国語単語帳」の続編。今回から「漢字語」の章を新しく追加し、前作分と合わせると単語数は1000語を超えるという。

 himeさんはイラストレーター兼韓国ブロガー。韓国の高麗大学語学堂を卒業しており、2009年7月からブログ「アラフォーから韓国マニアの果てなき野望!」を運営している。1970年、東京生まれ。

 

 ・ブログ:https://ameblo.jp/hime-himitsu/