ビジネス

台湾書籍の常設販売を開始 紀伊國屋書店「Books Kinokuniya Tokyo」

台湾書籍の常設販売を開始 紀伊國屋書店「Books Kinokuniya Tokyo」 画像1
紀伊國屋書店 「Books Kinokuniya Tokyo」

 

 紀伊國屋書店(東京都目黒区)はこのほど、東京都渋谷区の店舗「Books Kinokuniya Tokyo」で台湾書籍の常設販売を始めた。

 台湾の小説やノンフィクション、絵本・児童書、料理書、中文のマンガをはじめ、台湾で売れている書籍や紀伊國屋書店の台湾店舗のスタッフよりすぐりの書籍など約2000冊をそろえた。日本作家の中文訳なども販売する。

 紀伊國屋書店は台湾に進出して30年以上の歴史があり、現在、主要都市の台北・台中・高雄で計4店舗を展開。和書のほか、台湾で出版されたさまざまなジャンルの繁体字中文書を販売している。この強みを生かし、台湾からの経常的な仕入れ体制を整え、今回の台湾書籍の常設販売に踏み切った。

 紀伊國屋書店は「豊かな出版文化を誇る台湾書を紹介するには小さなスペースだが、顧客のニーズにお応えできる品ぞろえを目指して努力する」としている。