ビジネス

リニューアル工事で終日通行止め 11 月10 日から、阪神高速1号環状線

リニューアル工事で終日通行止め 11 月10 日から、阪神高速1号環状線 画像1
阪神高速道路 「1号環状線リニューアル工事 2020 南行」

 

 阪神高速道路(大阪市)は、11月に実施する大阪都市圏の主要道路、阪神高速1号環状線のリニューアル工事に伴う通行止めについて、日程を発表した。

 11月10日午前4時から20 日午前6時まで、梅田から夕陽丘までの南行き区間を終日止めにして、コンクリート床版の取り換えや舗装の全面補修工事などを行う。さらに11月20日午前6時から27日午前6時まで、12号守口線の南森町・扇町付近(南森町入口は通行可能)を終日通行止めにし、コンクリート床版の取り換え工事を完了させる。

 1号環状線は大阪市の中心に位置し、環状線から放射線状に伸びた各路線を連絡する役割を担う大阪都市圏の最重要道路。1日の利用台数は約25万台(2019年度平日平均)。

 2001年と02年に実施した前回大規模補修工事から20年近くが経過し、舗装などが損傷し走行の快適性を低下させている。また供用開始から50年以上経過し、車両の大型化や大型車の走行負荷の蓄積で道路橋の床面であるコンクリート床版など構造物の劣化が目立ち始めている。

 今回の1号環状線リニューアル工事は、これらの経年劣化が目立つ道路の「長寿命化」に向けた「高速道路リニューアルプロジェクト」の一環だ。工事期間中は現場周辺道路の渋滞、混雑が予想されることから、阪神高速道路では、利用者の理解と迂回(うかい)などへの協力を呼び掛けている。通行止めの詳細や迂回路、渋滞予測などの交通情報を特設サイト「1 号環状線リニューアル工事2020南行」で提供している。特設サイトは;https://hanshin-exp.co.jp/renewal/loop-s2020/