ビジネス

全市民に再度1人1万円を支給 高齢者らは1万5千円、豊後高田市

全市民に再度1人1万円を支給 高齢者らは1万5千円、豊後高田市 画像1
大分県豊後高田市 「定額支援金(第2弾)」

 

 大分県豊後高田市は、新型コロナウイルス禍の市民を支援するため、全市民に1人につき1万円の定額支援金を7月に続き再度給付する。重症化リスクの高い高齢者(65歳以上)などは、衛生用品(マスクなど)の購入費として5千円追加し1万5千円を支給する。

 新型コロナウイルス感染症の収束見通しが立たない中、今後の感染防止対策に伴う家計への負担軽減と厳しさを増す地域経済の底支えを目的に支給する。7月の前回支給と合わせ、市民1人につき計2万円、高齢者らには計2万5千円を市として独自給付することになる。5千円追加の対象者は高齢者のほか、障害者手帳(身体・精神・療育)所持者、要支援・要介護認定者。

 今回の支給対象となる市民は9月18日時点で豊後高田市の住民基本台帳に記載されている人。受給権者は「世帯主」とし、世帯主宛てに世帯員分を一括支給する。支給時期は10月中旬を予定。

 前回受給した市民は今回、原則申請不要。前回振り込んだ口座へ支給する。前回支給を受けなかった市民には申請書類を送付する。

 定額支援金の詳細は;https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_05464.html