ビジネス

〝ロックダウン世代”がイベント開催へ 千葉商科大の学生有志がオンラインで

〝ロックダウン世代”がイベント開催へ 千葉商科大の学生有志がオンラインで 画像1
千葉商科大学 「ロックダウン世代で、良いじゃん。-コロナ禍で若者をノックアウトするな-」

 

 千葉商科大(千葉県市川市)の国際教養学部の学生有志は11月11日、新型コロナウイルスの影響で、教育や就職の機会、収入を失うなどの不利益を受ける可能性のある若者「ロックダウン世代」を対象にオンライントークイベントを開催する。

 ロックダウン世代は国際労働機関(ILO)が報告書で使用した言葉。新型コロナウイルス感染症の拡大で将来に不安を抱える若者を指す。このようなロックダウン世代が将来の希望を見つけるためのヒントの一つにしてもらおうと、学生有志がイベントを企画した。若者のコロナ時代の生き方、働き方、学び方について、多彩な4人のゲストが議論する。

 登壇者はコラムニストの河崎環氏や社会起業家の税所篤快氏、おもちゃ開発者の高橋晋平氏、ジャーナリストの古田大輔氏。司会は常見陽平・千葉商科大 国際教養学部准教授が務める。トークテーマは、コロナにより生まれた前向きな変化とは▽働き方はどう変わるか▽就活はどう変わるか▽ロックダウン世代はかわいそうな世代なのか▽SDGs(持続可能な開発目標)にどう取り組むか▽これからの時代を生き抜くためのポイント、などだ。

 「日々の過ごし方」や「コロナによるポジティブな変化」「今、自分が取り組んでいるアクション」など、大学生を対象としたアンケート結果も紹介する。

 開催時間は午後5時20分~午後7時5分。参加は無料。定員1000人。参加申し込みは;https://www.cuc.ac.jp/event/2020/mstsps00000278pv.html。質疑応答も受け付ける。

 イベント前にも国際教養学部生が登壇者にインタビューした動画を会員制交流サイト(SNS)で発信する。視聴はフェイスブックアカウント;@CUC.FGS