ビジネス

「氷見きときとファンクラブ」の会員募集 富山・氷見市の魅力を全国に発信、会員特典も

「氷見きときとファンクラブ」の会員募集 富山・氷見市の魅力を全国に発信、会員特典も 画像1
富山県氷見市 「氷見きときとファンクラブ」

 

 富山県氷見市は、市外在住者が会員になることができる「氷見きときとファンクラブ」の入会を呼び掛けている。「きときと」は富山で「生きがいい」という意味で使われる言葉。氷見市にゆかりがある人や愛着を持っている人が会員となり、全国に氷見の魅力を発信してもらうことが狙いだ。

 入会は無料。レギュラー会員「フクラギ」(フクラギは、出世魚ブリの幼魚)、プレミアム会員「ブリ」の2種別があり、アンケートへの回答や氷見市内の施設を利用した際などにポイントが付与され、500ポイントになると「プレミアム会員」になれる。ポイントは、ふるさと納税で寄付した場合は300ポイント、アンケート回答、公共施設利用やイベント参加は各50ポイント、アプリ内での写真投稿に10ポイントが与えられる。

 会員特典は、アプリ経由で氷見の最新情報が届くほか、市内の海浜植物園や博物館などの施設に割引料金で入館できる。今年11月30日までに入会した場合、「氷見好き3(スリー)グッズ」(氷見方言番付表、ブリ型ブックマーク・ブリ型メモ帳、氷見おもてなし観光パスポート)がもらえる特典がある。

 氷見は「寒ブリ」などブリの漁獲で知られる。漫画家・藤子不二雄Ⓐ氏の出身地で、プレミアム会員になると同氏の人気キャラクター「忍者ハットリくん」グッズがもらえる特典もある。

 入会方法は氷見市ホームページから。

https://www.city.himi.toyama.jp/gyosei/soshiki/shokoshinko/1/6183.html