ビジネス

マンガでわかる防災ブックを発売 アールシーソリューションが編集協力

マンガでわかる防災ブックを発売 アールシーソリューションが編集協力 画像1
アールシーソリューション 防災ハンドブック「マンガで楽しくわかる防災BOOK」(家の光協会)

 

 防災・減災ソリューション企業のアールシーソリューション(東京都新宿区)が編集協力した防災ハンドブック「マンガで楽しくわかる防災BOOK」(家の光協会)が2月18日に発売された。

 地震や津波、台風、洪水、雷、竜巻など…災害時に家族と自分の命を守るための対処法や知っておきたい防災知識をギャグマンガで伝授。家具の固定法や避難の際の心得など、防災の具体的な方法を解説する。子どもも読みやすい、家族みんなで読める本にしたという。

 地震の揺れに備える▽地震に遭遇したときは[家の中編]▽地震に遭遇したときは[家の外編]▽台風・大雨に備える▽さまざまな災害に備える▽避難所で過ごすさいの心得▽知っておきたい応急手当と被災時のお金のこと―の七つのパートに分けて必要な対策を説明している。

 監修は国崎信江氏、漫画は松本久志氏。価格は1200円(税別)。国崎氏は女性や生活者の視点で20年防災を研究。国内外の被災地支援活動の経験から独自の視点で防災対策を提唱するほか、防犯対策など生活に潜む危険から身を守る実践的な危機管理対策も伝授している。松本氏の主な作品は「小さな巨人ミクロマン」「亡装遺体ネクロマン」など。

 家の光ネット(http://www.ienohikari.net/book/9784259566784)などから購入できる。