ビジネス

JFL参戦の「FC刈谷」支援を拡充 トーテックアメニティ、新規スポンサー契約締結

JFL参戦の「FC刈谷」支援を拡充 トーテックアメニティ、新規スポンサー契約締結 画像1
トーテックアメニティ 「FC刈谷」スポンサー契約締結

 

 自治体などのIT化をサポートするサービスを提供するトーテックアメニティ(名古屋市)は、サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に参戦する「FC刈谷」とスポンサー契約を結んだ。

 FC刈谷は、愛知県刈谷市を本拠地とする市民クラブで、デンソーサッカー部を引き継ぐ形で2006年に設立。「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020」の決勝リーグで2位になったことでJFL参戦が決まった。JFL参戦は2009年以来。

 JFLは、企業チームや地域のアマチュアクラブ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)入会を目指すクラブなど17チームが参加するリーグ。トーテックアメニティは、これまでもポスターやプレイヤーズガイドなどで協賛しており、今回新たにトレーニングウエアについての契約を締結した。

 トーテックアメニティによると、FC刈谷は2020年シーズンで、第60回刈谷市長杯サッカー大会で優勝、第100回全日本サッカー選手権大会(天皇杯)愛知県予選でベスト4などの好成績を残した。今年3月からチーム運営がNPOから三河ベイフットボールクラブへ移管され、3年でJリーグ参入、10年でJ1昇格を目指す。

 

・FC刈谷オフィシャルサイト:https://fckariya.jp/

・トーテックアメニティHP:https://www.totec.jp/index.html