ビジネス

新たな熱電モジュール開発に期待 新材料開発、東京都立大教授ら

新たな熱電モジュール開発に期待 新材料開発、東京都立大教授ら 画像1
東京都立大学  「NaSn2As2の結晶構造」(左)、「X線回折測定結果」(右)

 

 東京都立大(東京都八王子市)はこのほど、同大理学研究科の後藤陽介助教、水口佳一准教授らの研究グループが、廃熱を用いた発電などに利用される熱電モジュールの新材料「多結晶(NaSn2As2)」を開発した、と発表した。材料の選択肢が広がり、新たな熱電モジュールの開発が期待できる、という。研究の詳細は米国物理学協会の英文誌(電子版)に掲載された。

 熱電モジュールは、工場の廃熱を用いた発電や精密機器や、ワインセラー冷却などに活用されてきた。熱の流出による破損を防ぐために、これまでは、複数の構成材料を交互に並べて組み立てることが必要だったが、今回、開発した材料を使えば、新材料単一で熱電モジュールの構築が可能。このため大型化や小型化、軽量化の加工が容易になり、新しい型の熱電モジュール開発の可能性が高まる、という。

 研究グループは、ナトリウムやスズ、ヒ素を成分とした「層状化合物」を上下2方向から加圧し、焼結する方法を採用して特殊な性質を示す多結晶を作製、新材料を開発した。