ビジネス

ONIONグループがニューヨーク証券取引所に上場 越境ECプラットフォーム「洋葱Omall」を運営

ONIONグループがニューヨーク証券取引所に上場 越境ECプラットフォーム「洋葱Omall」を運営 画像1
ニューヨーク証券取引所に上場したOnion Global Limited

 

 中国市場向けの電子商取引(EC)を運営するOnion Global Limited(ONIONグループ、本社=中国・広州、香港)の日本支社OceanInfinity(オーシャンインフィニティ、東京都新宿区)は、ONIONグループの株式が、5月7日に米ニューヨーク証券取引所に上場した、と発表した。

 ONIONグループは、インターネットを通じた国際的なECである「越境EC」のプラットフォーム「洋葱Omall」を運営している。洋葱Omallは、パートナー企業の商品を中国市場で販売。日本支社によると、日本を含め世界43カ国に86の提携先があり、美容、健康、ベビー用品、ファッション製品など23カテゴリーの商品を扱っているという。

 日本支社では、洋葱Omallで販売する中国市場に向けた日本商品の仕入れや、東京・新宿にある店舗「O‘life」で商品販売も手掛けている。