ビジネス

今年の還暦人「まだまだ若いつもりだが、衰えも」 PGF生命が1961年生まれ2000人に調査

今年の還暦人「まだまだ若いつもりだが、衰えも」 PGF生命が1961年生まれ2000人に調査 画像1
PGF生命 「2021年の還暦人に関する調査」

 

 「還暦の実感がわかないが、体力の衰えを感じる」―。PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険、東京都千代田区)は、今年還暦(60歳)を迎える人を対象にした「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施し、このほど結果を公表した。

 調査は4月26~28日、1961年生まれの男女を対象にインターネットで行い、有効サンプル2000人について、価値観や仕事など4項目に分けて分析した。

 【還暦人の価値観】
 「還暦の実感がわかない」という人が4人のうち3人と多く「精神年齢は平均47歳」「肉体年齢は平均56歳」という結果が出た。一方、8割強が「最近、体力の衰えを感じる」、7割強が「最近、記憶力の衰えを感じる」と実態との違いが浮き彫りになった。
 「還暦に見えない。容姿が若いと思う同年代の有名人」について聞くと、男性の回答者は哀川翔さん、中井貴一さん、田原俊彦さんを挙げ、女性は賀来千香子さん、石野真子さん、浅野温子さんの順で挙げた。

 【還暦人の仕事・マネー・生活】
 59歳時点で就労をしている・していた人(1459人)に、還暦(60歳)以降、何歳まで働きたいかを尋ねると、36・5%が「70歳以降も働き続けたい」と回答した。貯蓄額は平均3026万円だったが、4人に1人は100万円未満と答えた。今年の還暦人はテレビで育った世代と言えるが、2人に1人は「日常生活ではテレビよりスマホが欠かせない」と回答。約7割が「現金決済よりキャッシュレス決済が多い」としており「コロナ禍で在宅時間が増え、動画も見ることができるスマホの活用や、支払いは非接触でという人が増えたのでは」と分析している。

 【還暦人の人生振り返り】
 人生をやり直すなら戻りたい時期があると答えた人(1547人)に、戻りたいという年齢を聞いたところ、「15~19歳」(31・1%)がトップだった。理由については「高校・大学受験をやり直したいから」のほか「青春をやり直したいから」「一番活き活き(生き生き)していたから」といった声も寄せられ、10代後半を満喫していた人と後悔している人の思いが交錯しているようだ。自身の今までの60年間を漢字1文字で表すと、男性の1位が「忍」、女性は「楽」と対照的だった。

 【還暦人の展望と不安】
 「何歳まで生きたいか?」は「80~84歳」(27・9%)が最も多く、平均は「83・4歳」。「100歳以上」も11・7%あった。パートナーがいない還暦人の2人に1人が結婚・再婚に意欲的で、相手については男女とも「優しさ・思いやりがある」が1位だったが、女性の2位は「収入が安定している」だった。これからやりたいことは「旅行」「健康に過ごす」「のんびり過ごす」の順だった一方、これからの人生の不安については「収入の減少」「身体能力の低下」が上位で“理想と現実”を感じさせる結果となった。

 詳細は;https://www.pgf-life.co.jp/company/research/2021/001.html