ビジネス

千葉市産業振興財団が、事業変革・再構築のアイデア募集 設立20周年記念事業でビジネスコンテストを開催

千葉市産業振興財団が、事業変革・再構築のアイデア募集 設立20周年記念事業でビジネスコンテストを開催 画像1
「ポストコロナ時代の事業変革ビジネスコンテスト」

 

 公益財団法人 千葉市産業振興財団は、財団設立20周年記念事業として開催する「ポストコロナ時代の事業変革ビジネスコンテスト」のアイデアを募集している。11月15日まで。

 募集するのは、地域の課題を解決する斬新なアイデアや、既存事業の再構築を目指す優れた取り組みについて。「ビジネスアイデア部門」は、個人・法人、所在地、職業、年齢などの制限はなく、誰でも応募できる。「ビジネスモデル部門」は、千葉市内に事業所があり、2019年5月以降、事業変革に着手し取り組んでいるのが条件。

 財団で1次審査後、12月20日ごろに実施される書類による2次審査を経て、来年1月下旬~2月上旬に最終審査会・発表会を予定している。「ビジネスアイデア部門」は、課題認識、独創性、実現性を審査、グランプリは30万円、優秀賞は10万円が贈られる。「ビジネスモデル部門」は、革新性、実現性、成長性、波及性を審査し、グランプリに100万円、優秀賞に50万円を贈呈する。

 応募など詳細は財団ホームページ;https://www.chibashi-sangyo.or.jp/enterprise/kyoka-sosyutu/bizplancontest/bizcon-chiba.html

 千葉市産業振興財団は、千葉市内の中小企業への経営支援や、新たに事業を始める際の創業支援を目的に設立。各種セミナーや研修、千葉市内で働く従業員への福利厚生などを行っている。