ビジネス

コロナ禍の教育現場でデジタル化はどれだけ進んだのか

コロナ禍の教育現場でデジタル化はどれだけ進んだのか 画像1

 間もなく年度末を迎える中、中央大学国際情報学部の岡嶋裕史教授と、スマートフォンを用いたモバイルラーニングサービスを提供するキャスタリアの山脇智志社長が、コロナ禍で教育現場は変わったのか、デジタル化は本当に進んだのか、話し合った。

 岡嶋 2021年度もそろそろ終わり、日本ではまた新学期を迎える季節が近づいています。今年もいろいろありましたが、振り返りの意味を込めて山脇さんにご登場願いました。山脇さんにとって2021年度はどんな年でしたか?

 山脇 いろいろ変化したように言われているけど、本質的な部分は何も変わっていないと考えています。教育分野に限っても、もっとデジタル化は推進しないといけない。もちろんコロナ禍において必然的にリモート授業を整備する意識は浸透しました。実際にギガスクールの導入目標はほぼ達成できていますし、Zoomも入ってる。端末もある。でも、まだ既存の教育を代替できていない。

 岡嶋 それは私も強く感じています。デジタル嫌いというか、論理嫌いというか、変化嫌いと呼ぶべきか、そこら辺は鉄の意志を感じます(笑)。例えば大学にしても、今までのやり方では実業務が回らないことは分かっていますから、表面上リモートツールは入れますし、DX委員会なんかも立ち上がります。でも、「コロナが終わったら、元に戻してやるぜ」という圧がものすごいんですよ。

 山脇 寒くなったらまた感染が拡大だろうとはずっと言われていたことですよね。準備する時間もあったはず。でも、多くの教育委員会は対応ができていなかった。学校の先生も、業務過多なのは本当に分かるんだけど、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」を地で行っていました。コロナが流行し始めてから2年もたつのに、まだプリントだけ配って遠隔授業としているケースがごろごろしています。

 一番残念だったのは、一部の学校で配ったPCやタブレットを持ち帰らせていないことです。

 岡嶋 教育委員会などとお話しすると、持ち帰りルールは2020年度に相当議論していましたけど、結局家庭には持ち帰らせない運用にしたところも多いですね。

 山脇 確かに子どもなので遊んじゃいますからね。プリントを配るので自宅でやってくださいとか、タブレットを貸すので自宅で勉強してくださいと言って、それをちゃんとやれる小・中学生は極小で、大人が見てないとやれないのが普通です。そして、それは現状でとてもぜいたくな環境でなければ実現できないことかもしれません。

 岡嶋 めちゃくちゃ分かります。多くの学校でそうなんですけど、親が(特に母親が)子どものためにフルタイムで時間を注ぎ込めますよね、っていうのが前提になっているルールやスケジュールが組まれています。ジェンダー平等とか女性の活躍とか教えているのに、母親の稼働や時間はタダだと思ってるんですよ。他のことはともかくとして、この家庭観は強固で全然変わらないんだなと思いました。いま、そんなことが可能な家庭に育ってる子いないじゃないですか。

 で、それを解決するためにデジタル技術って有用だと思うんですけど、「人の体温が必要」とか「紙と鉛筆の手触りが心を育む」とか情緒的な言葉で逃げて、まともに考えてくれません。「ほんとに子どもに論理的思考とか、教えようとしてる?」って何回も思いました。責任が重い業務だから、自分が分かっている範囲の道具しか使いたくないのはすごくよく理解できるんだけど、もう21世紀に入って20年たつぜ、とは思います。別に紙を全廃しろとか、対面で会うなってわけではない。激変する環境の中で、学校や家庭も変わっていかないといけない。「変わっていくのは大変だけど、デジタルツールを道具にちょっと変わってみましょうよ」がDXだと思うんですよね。で、デジタルツールは入れるんだけど、変わるのは嫌だから本質が何も変わらないと。

 山脇 そう、デジタルを使うのを前提にどうサポートするかを話さないといけないんだけど、そこにたどり着けない。

 ぼくの家では兄弟の下の子が陽性になったんです。わが家の住む自治体ではiPadは配られています。Zoomも標準装備です。それはそれで毎日のペースメイキングになってるし、クラスメートとも話をして楽しくいられる。でも、やはりそれだけで自律して勉強って進まないんですよね。算数が最大の課題で体積の計算でスタックしました。

 岡嶋 小4の壁のところですね。だんだん、どこが分からないかが分からなくなってくるやつ。

 山脇 それは自習じゃ超えられないんですよ。どこが分からないか明確化してあげる必要があります。知識が足りないのか、発想の転換が必要なのか、単に我慢ができていないのか、他者のサポートが必要です。

 だから対面で学校に来いという発想なんでしょうけど、それはできないし、平日の昼間に親が付きっきりでサポートできる家庭も少ない。都市部でお金のある家は塾がその機能を担っていますが、地方じゃ無理です。学校と家庭の限界、そして環境要因があるわけです。ここをなんとかできないか。

 理想論と曖昧な話だけをしていても実行しなければ意味がない。もっと言えば、他にまねをしてもらえるようないわばオープンソースのようなモデルができないかと思っています。だから、2022年度は現在関わっているある自治体で集中的に取り組みたいと考えています。既存の枠組みを超えた自治体が責任を持って行う教育サービスです。私は「コミュニティベースドエデュケーション」と名付けていますが、自治体が子どもを本当の意味で財産だと思うのなら、地域全体で子どもの教育に責任を持っていこうというモデルです。友人はこのアイデアを「まるでオルタナティブ教育委員会だな」と言ってましたが、まさに第三極をデジタルとコミュニティーでつくっていくかが重要だと思っています。

【対談者略歴】

 山脇 智志(やまわき さとし) キャスタリア株式会社代表取締役社長。鳥取県出身。NYでの留学・就職・起業を得て日本に帰国。2006年にスマートフォンを用いたモバイルラーニングサービスを提供するキャスタリア株式会社を設立。海外の教育組織や関係者との深いネットワークを持つ。共著に「プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと」(翔泳社)、「教養のSNS: ソーシャル時代の技術とセキュリティについて考える」(先端社会科学技術研究所刊)、訳著に「ソーシャルラーニング入門」(日経BP社刊)。情報経営イノベーション専門職大学客員教授。

 岡嶋 裕史(おかじま ゆうし) 中央大学国際情報学部教授/学部長補佐。富士総合研究所、関東学院大学情報科学センター所長を経て現職。著書多数。近著に「思考からの逃走」(日本経済新聞出版)、「インターネットというリアル」(ミネルヴァ書房)、「メタバースとは何か」(光文社新書)など。