まめ学

いまさらだけど、五輪賛成? 景気回復に期待・・・でも財政負担も心配

img_129380_1 賛成が53%、反対が23%、どちらでもないが24%だ。景気回復を期待する声と、一方で財政負担を懸念する声。いまさらだが、やはり“心中複雑”なようだ。img_129380_2

図2_東京オリンピックに期待すること不安に思うことTOP5
図2_東京オリンピックに期待すること不安に思うことTOP5

 全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に実施した「2020年 東京オリンピックに関するアンケート(2017年度版)」(クロス・マーケティング・東京)。開催に伴って期待することでは、「景気回復・向上」(31%)がトップ。次いで「レベルの高い競技の観戦」(21%)、「海外の人との交流」(18%)が挙げられた。逆に不安に思うことでは、「犯罪の増加・テロの発生」が46%と半数近くを占めた。次いで「財政への負担」(39%)、「道路や交通機関の混雑・混乱」(31%)となり、経済活性化など開催による副次的効果や、海外の人・文化の交流を期待しつつも、犯罪や財政負担を懸念する声が多く見られた。

図3_東京オリンピックを通じて海外の人に伝えたいこと
図3_東京オリンピックを通じて海外の人に伝えたいこと

 五輪を通じて海外の人に伝えたいことでは、「日本食などの食文化」(39%)、「治安の良さ」(32%)、「日本のものづくり文化、伝統技術」(31%)が挙がった。