おでかけ

ニシキゴイの泳ぐモネの池 【絶景NIPPON】

10899000016
(c) yonehara keitaro /a.collectionRF /amanaimages
日本,岐阜県,関市
yonehara keitaro /a.collectionRF

 岐阜県の国道256号線沿いに建つ根道神社。その参道脇にある名も無き小さな池に連日多くの観光客が訪れている。

  大きさはテニスコートほどしかないが、池に咲く蓮を縫うように透明度の高い水の中を泳ぐ錦鯉の美しさは、まるで印象派を代表する画家クロード・モネの作品「睡蓮」のよう。その光景がSNSを中心に話題となり、「モネの池」と呼ばれるようになった。

  この場所は元々灌漑用の貯水池として1999年に整備され、池に隣接する「フラワーパーク板取」の主人が蓮の花を植えたという。

 池の水は高賀山(こうがさん、こうかさん)からの湧き水が常に流れこんでいる。湧き水は硬水で微生物が育ちにくいため、高い透明度を保っている。

  また、隣の根道神社には全国でも珍しい子連れ狛犬が置かれている。記念に参拝するものいいだろう。

 

情報スポット

 

■住所

岐阜県関市板取上ヶ瀬1643-17

 

■禁止事項

・池の鯉へのえさやり

・ドローンを使用しての写真・動画撮影

 ■アクセス

・車
美濃IC→国道156号線→県道256号線→関市板取白谷

 ・交通機関
JR岐阜駅から岐阜板取線(バス)で「洞戸栗原車庫」へ。板取ふれあいバスにのり「白谷あじさい園」で下車徒歩150mで到着

 ■駐車場

池周辺に第一~第三駐車場あり。詳しくはURLを参照
http://www.itadori-flower.com/home/Access

 *池の隣の駐車場は高齢者・身体障害者専用駐車場のため注意

■HP

関市HP
https://www.city.seki.lg.jp/

 たびものがたりin関
https://www.city.seki.lg.jp/

 ぎふの旅ガイド
http://www.kankou-gifu.jp/