おでかけ

谷川岳一ノ倉沢の紅葉 【絶景NIPPON】

(c) Yoshimasa Fujino/a.collectionRF /amanaimages群馬県,利根郡,みなかみ町Yoshimasa Fujino/a.collectionRF
(c) Yoshimasa Fujino/a.collectionRF /amanaimages
群馬県,利根郡,みなかみ町
Yoshimasa Fujino/a.collectionRF

 谷川岳は、群馬県と新潟県の県境にあり、日本百名山のひとつ。「死の山」、「魔の山」と呼ばれることもある。

  別名の由来は、富士山の標高3776mに対して谷川岳は1977mと2000mに満たないものの急峻な岩壁と複雑な地形に加え、太平洋と日本海から来る大気がぶつかり合う地域のため気候の変化も激しく、2012年までに805人の死者が出ており、日本だけでなく世界の山のワースト記録としてギネス世界記録に認定されているためである。

  しかし、そのような遭難者や死者はクライミングが必要なコースが大半を占めており、初心者向けの「天神尾根ウォーキングコース」や「谷川岳ロープウェイ」などもあるため、そちらから高山植物や紅葉、雪景色を楽しむのがおすすめ。