カルチャー

今日できる! オリジナルアドベントカレンダーを手づくりで【OVOクリスマス2017】

 
【道具】

・はさみ

・ペン (サインペンや油性ペンなど、太い線が描けるタイプのもの。色はお好みで)

・のり

【材料】

・A4サイズの黒の画用紙 4枚

・無地のクラフト封筒 長形3号 12枚

・両面テープ

・デコレーション用グッズ(マスキングテープやシール、余りもののレースや包装紙など)

・黄色の紙テープまたは折り紙

 

【アドベントカレンダーの作り方】
1.カレンダーのベースを作る

A4サイズの黒の画用紙を4枚用意し、裏にテープを貼って貼り合わせます

A4サイズ4枚を貼り合わせます
A4サイズ4枚を貼り合わせます

2.24日分のポケットを作って、貼る

12枚の封筒を縦2等分にカットします。

2等分に!
2等分に!

 

 封筒の下半分は、底の方を下にし、上を三角に折ります。(三角屋根をイメージして)
 封筒の上半分は、上下が両方とも開いてしまっています。そのため、封筒の上(いつもなら折って封をする、封筒の口の部分)を折って、その境目の位置に両面テープを貼り、封をします。

上を三角に折る
上を三角に折る
両面テープは短くてOK。貼る位置はこの辺り
両面テープは短くてOK。貼る位置はこの辺り

 封筒の下半分についても、上半分のものと同じくらいの位置に、両面テープを貼ります。

 出来上がったポケットを、8個ずつ3段に、1の黒画用紙に貼り付けます。

折ったものを画用紙に貼り付け
折ったものを画用紙に貼り付け
24個貼り付けました!
24個貼り付けました!

3.いよいよデコレーション!…そして完成!

 黒画用紙に貼り付けた24個のポケットに、1日~24日までの日付を書き、自宅にあるかわいいアイテムを使い、家に見えるようなデコレーションします。

 マスキングテープやシール、余りもののレースや包装紙などを使ってドアや煙突を作るイメージで、自由に! 完成。切って折って貼って完成!材料さえそろえてしまえば、とってもカンタンなのでした。

完成。
完成。

 ところで…実はこのオリジナルアドベントカレンダーで、編集部・Mが今回最もおすすめしたいポイントは、カレンダーの夜空にきらめく「3Dスター」。

夜空にきらめく3Dスター
夜空にきらめく3Dスター

ぷっくり立体的な星のモチーフも、コツをつかめばカンタン。次からご紹介する手順を参考に、トライしてみてください!