カルチャー

熱狂コンテンツをぎっしり詰めこんだ「ホリエモン万博」! 2月に六本木で

img_144084_1 毀誉褒貶(きよほうへん)、いろんなことをいわれる堀江貴文氏だが、それだけ注目されている人だ。そのホリエモンが面白い!と熱狂するコンテンツをぎっしりと詰めこんだ「ホリエモン万博」(ホリエモン祭実行委員会)が、2月3・4日の二日間、東京・六本木で開かれる。

 “祭”に熱い想いを持つホリエモンの仕掛けで始まった「ホリエモン祭」の規模を10倍に拡大、20会場以上に30種以上のコンテンツを詰め込んだ 都市複合型エンタメフェスだ。メインコンテンツは、堀江氏と多彩なゲストとの「怒涛(どとう)の講演会」。街コンやアフターパーティー、この1年で人気コンテンツとなった「ホリエモン展」をはじめ、新しいものでは、コラボ企画「CAMPFIRE映画祭」や「プレミアムワイン祭」、「真冬のアイス祭」なんていうのもある。

 2月3日は節分だから、旧来の豆まき・恵方巻のアレンジに加え、“節分おばけ”の仮装文化にも着目。究極の節分エンタメ祭になりそうだ。