おでかけ

春を告げる「花々祭」 日本橋三越本店で開催

main 三越伊勢丹グループの春の始まりを告げるファッションキャンペーン「花々祭」がいよいよ2月21日からスタート! 「花を愛する人々」をコミュニケーションコンセプトに、1960~70年代のフラワームーブメントをインスピレーション源として、愛と平和、ファッションと音楽、そこに息づく自由な感性を音楽と花を中心に現代の気分で表現している。

 日本橋三越本店では、「自分開花」をテーマに、新しい自分・なりたい自分になるためのきっかけとなるモノ・コトを提案。美しい自分であり続けるためのエイジレスなファッションやライフタイルをサポートするイベントを全館で用意し、衣食住で春の新作を紹介する。sub1

 「花々祭」の会期中(2月21日~3月6日)は、独自の感性により花の可能性を最大限に引き出すフラワークリエーター「edenworks(エデンワークス)」篠崎恵美氏のフラワーアートで彩られるフォトスポットが本館1階ライオン口、新館1階日本橋口に登場。店頭のスタイリスト(販売員)も胸に「花々祭オリジナルフラワーバッジ」を着け、自らが花となって迎えてくれる。sub4 sub3

 さらに、フォトスポットの写真をSNSに投稿すると、各日先着100人に「花々祭オリジナルフラワーバッジ」がプレゼントされる。sub2