ライフスタイル

子どもももっと休める文化を! “睡眠教育”って?

33000004354 テレビ番組で取り上げられて話題となった単語「睡眠負債」。少しの睡眠不足が借金のように積み重なっていき、心身に悪影響をおよぼすほどの状態を表している。慢性的な睡眠不足は健康リスクがあり、生産性を低下させるという報告がある。しかし日本は、OECD(経済協力開発機構)加盟国の中でも睡眠時間が最も短い国の1つ。大人も子どもも含めた社会全体で睡眠のあり方について考える必要がある。NTT西日本とすららネット(東京)は、すららネットのクラウド学習システム「すらら」と、NTT西日本が開始する「睡眠教育Peels」を組み合わせた「睡眠教育Peels forすらら」の提供を4月7日(土)から始める。対象となるのは塾や学校など。提供するサービスの内容は、1)睡眠に関する知識教材(睡眠クイズなど)、2)睡眠や学習履歴のデータ収集、分析結果をもとにした睡眠レポート、3)睡眠習慣を改善していくための生活習慣チェックリスト。詳細はHPから。

main

 大人だけでなく、子どもも夜型生活を送っている家庭も多いのでは。遅刻、集中力の欠如、体調不良・・・。その原因はもしかすると睡眠負債かも?

学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校 探究コース
学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校 探究コース