おでかけ

北九州市小倉で「繁華街PR大作戦」が始動! 安全・安心な街を宣言

P1230147 北九州市の小倉で「小倉繁華街PR大作戦」が3月28日にスタートした。この大作戦は「小倉北繁華街魅力づくり推進協議会」内に組織された「小倉繁華街PR大作戦 実行委員会(以下、小倉PR実行委)」が企画・立案したもので、繁華街の新しい魅力づくりと安全・安心なイメージを国内外に発信することを目的に、各種活動を行っている。

 小倉PR実行委は、地域住民と事業者団体、北九州市、福岡県警などが参画。夜の繁華街を盛り上げるプロジェクトに県警や市が積極的に関与する取り組みは、全国的にもあまり例がない。県警内にも「繁華街創生プロジェクト」を立ち上げ、市も「安全・安心推進課」が担当していることからも、小倉を日本で一番安全かつ安心な繁華街にしたいという強い思いメッセージが受け取れる。

P1230141

 福岡県警・繁華街創生プロジェクトの江島管理官は「協議会や実行委員会には県警も参加し、繁華街地区の安全・安心の確保に取り組んでいる」「地域と行政、警察が連携して、小倉の繁華街に健全な賑わいを創出することが求められている。今後も県内外の誰もが安全・安心して楽しめる街づくりに貢献していきたい」と強く語った。

 小倉繁華街PR大作戦の開始に伴い、小倉PR実行委はPRムービーを制作。実は、北九州市は「映画の街」としても知られ、2000年に「北九州フィルム・コミッション」を設立しドラマや映画撮影の誘致も行っている。昭和の建物が随所に残る街では、多彩なロケーションを活用したドラマや映画の撮影が年間30本以上も行われている。地域住民は、撮影を寛容に見守り、エキストラへの参加にも協力的だという。そんな街のいたる所で、今回のPRムービーの撮影は行われた。

 PRムービーには現役の女性警察官3人も出演。県警も積極的に関与していく姿勢がここからも感じられる。

■現役女性警察官も出演するPRムービー

 今回制作したPRムービーのタイトルは「Are you happy?(コクラナイト)」。劇場版『相棒』や『海猿』の助監督も担当した近藤一彦氏が監督で、北九州市出身のタレント芋洗坂係長や俳優の光石研が出演。また前述の女性警察官や地元住民、小倉にある「ガールズシアター 9JACK」のダンスチーム「9JACKガールズ」なども出演している。挿入曲の“K.K.R~Dive Into The Night”は、浜崎あゆみの楽曲でレコード大賞編曲賞を受賞したHΛL(ハル)が編曲し、県内で活動するDJの立山律子が作詞とボーカルを担当している。

 出演した芋洗坂係長は「ダンスを中心にした念願の動画ができた。世界中の人に見て踊ってもらって、ぜひ小倉に来て欲しい」と語った。ダンスチーム9JACKガールズのメンバーも「小倉の夜を盛り上げて、明るい街にしたいとの思いで出演した」と語り、まさに地域が一丸となったPRムービーが完成した。同ムービーはYouTubeで試聴が可能だ。

■明朗会計の店「ポッキリー小倉」への加盟は200店舗を超える

 観光や出張で訪れた人は、地元ならではのおいしい店や楽しめる店を探すはず。そのようなニーズに応え、安全・安心に楽しめる店「ポッキリー小倉 加盟店」を紹介する活動も進む。今回のPR大作戦の一環として、悪質な客引き被害に遭わないよう「ポッキリー小倉」に加盟する飲食店を募集。明朗な料金システムにより、安心して楽しめるお店を増やす目的で、200店舗を超える飲食店やクラブ、スナックなどが参加。

 加盟店にはステッカーやのぼりが設置されているため、安心してお店に入れる仕組みだ。また、地元雑誌「Nasse」とタイアップした「小倉ナイトガイドBOOK」も発行する。

POCKIRY KOKURAののぼりが街中いたるところに
POCKIRY KOKURAののぼりが街中いたるところに

 加盟店側は「今回の大作戦は街を上げてのプロジェクト。企画に参加し小倉の街を盛り上げたい」「国内外からの観光客も安心して飲食や買い物ができる街にして活気づけたい」と語る。

 また、クラブやスナックなどのママさん達も繁華街を盛り上げる目的で「小倉織姫の会」を結成。これまでは店同士の交流も少なかったというが、県警の強力なバックアップのもと、ママさん達のネットワークを構築。同市の特産品である「小倉織り」で作ったタスキを掛けて街の清掃活動なども行っている。有志一同で立ち上げた会は、若いママさん達にも声を掛けてネットワークを今後も広げ、健全で安心な街づくりを目指すそうだ。

小倉織姫の会

 ポータルサイト「POCKIRY KOKURA」では、英語や韓国語で「店のジャンル解説やシステム」や「小倉ナイトタウン辞書」を掲載。海外からの観光客も安心して楽しめる情報を発信している。今後さらに増え続ける外国人観光客に夜の繁華街も楽しんでもらう狙いだ。

■大盛況のオープニングイベント!

 小倉繁華街PR大作戦のスタートを記念し、3月28日に小倉の繁華街にある堺町公園でオープニングイベントが開催された。

 イベントに先立ち、荻野・小倉北警察署長は「経済の発展の礎は安全・安心を守ること。小倉を住みたいと思う街、沢山の人が訪れたいと思う街、さまざまな職業の人が仕事をしたい思う街にしたい。安全・安心を守るのは警察の責務。今日のイベントをきっかけに街が元気で健全な賑わいに盛り上がっていくことを願っている。新たなステージの幕開けだ」と高らかに宣言し、会場に集まった観客や関係者で一斉に乾杯した。

 イベントでは、福岡県内で活動するDJの立山律子さんが、ダンスチーム9JACKガールズをバックにPRソングを披露。桜の花が満開の公園でPR大作戦のスタートに花を添えた。

P1230397

 小倉に赴任する人は二回泣くといわれている。それは、赴任する前の不安感からと、人情味にあふれたこの街を離れる時だという。今の小倉繁華街は、昔ながらのおいしい飲食店も多く、安全で街の人も明るい。PR大作戦を機に小倉の現状を正しく知ってもらい、たくさんの人に訪れて欲しいものだ。