カルチャー

唯一無二の極彩。 美しすぎる少数民族

「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)
「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)

 アフリカ、アマゾン、オセアニア、そしてアジア。どこかで見たことはあっても、知っているとはいえない多様な文化を育む少数民族。そんな彼らを撮った作品集『HEROES』(ヨシダナギ著、ライツ社)が発売された。

「スリ族」(エチオピア)
「スリ族」(エチオピア)

 世界の少数民族を撮り続ける写真家、ヨシダナギは、エチオピアとエジプトを皮切りに、マリ・ブルキナファソ、ジブチ、スーダン、ウガンダ、ガーナ、カメルーン、チャド、ナミビア、タンザニアなど、アフリカ15カ国、200民族以上を取材してきた。1974年に外部と初接触をしたアマゾンの謎多きエナウェネ・ナウェ族や、エチオピアのファッショナブルなスリ族をはじめ、赤土を全身にまとったヒンバ族(ナミビア)や、青の民と呼ばれるアルジェリアの遊牧民族・トゥアレグ族など、世界中の少数民族が掲載されている。

 写真を見ながら、なかなかできない“奥地”への旅を。価格は1万2,000円(税込)。