社会

日本とサウジアラビアでeスポーツ国際親善試合を開催

 一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)とサウジアラビアeスポーツ連盟は8月16日、日本とサウジアラビアで「eスポーツ国際親善試合」を開催すると発表した。それに伴い、JeSUの岡村会長と、サウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子が、都内で調印式を行った。

 「日本・サウジアラビア eスポーツ国際親善試合」は、ホーム&アウェー方式で行われる。サウジアラビアでは2019年1月18日から19日、日本では2019年1月26日から27日に幕張メッセでの開催が予定されている。競技は「ウイニングイレブン 2019」「鉄拳7」「ストリートファイターV アーケードエディション」の3タイトル。この他のタイトルも今後検討していくという。大会の賞金総額は3000万円で、日本代表の選考方法は今後発表される予定だ。

 ファイサル王子は「本大会は、ナショナルチームで挑む第一歩。質の高いプレーヤーを通じてeスポーツの認知度を高めていきたい。オリンピック競技になるためのステップにしていきたい」と語った。

ファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子(左)とJeSUの岡村会長(右)
ファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子(左)とJeSUの岡村会長(右)

 コンピューターゲームを使った対戦競技「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」は、海外ではプロスポーツとして急拡大し、競技人口は全世界で1億人を超えると言われる。日本では、2018年1月にJeSUが設立。JeSU認定のプロライセンスを保有するプレーヤーも100人を超え、普及に向けた動きが加速している。

 eスポーツは、8月18日からインドネシアで始まる「第18回アジア競技大会」で、デモ競技が行われ、日本代表の3選手が「ウイニングイレブン」「ハースストーン」に出場する。また、2022年の中国杭州で行われる同大会での正式種目に採用されることが検討されている。

 国内では、全国の高校生を対象とした「全国高校eスポーツ選手権」の準備が進む。2018年12月下旬に予選を行い、2019年3月下旬には都内会場で決勝が行われる予定だ。主催する毎日新聞社とサードウェーブ社は、ゲーム用のパソコンを100校に対して3年間無償レンタルを行うなど、eスポーツの普及もサポートしている。

 eスポーツは他のスポーツと同様に、的確な状況判断や集中力、チームワーク、戦略などが求められる。米国や中国、韓国などeスポーツ先進国に比べて日本は出遅れている感は否めないが、高校生や日本代表の活躍を通じて普及し、今後、世界の舞台で活躍するプレーヤーが続々と現われてほしいところだ。