カルチャー

増えすぎた“楽園”の猫 将来案じ全頭に無料で出張不妊手術

main 多くの猫がのどかに暮らす姿から、猫の楽園としてYouTubeやテレビで世界的に有名になった愛媛県の青島。一方で、猫210頭に対し人口わずか9人のこの島に対しては、当然、猫が増え続けることでの、猫や島の将来への不安も多く指摘されているという。増えすぎた結果、行政による殺処分という運命をたどる猫たちを減らそうと、全国で7万頭の無料不妊手術を行う「どうぶつ基金」(兵庫県)は9月5、6日の両日、青島で無料不妊手術を行う。

 「さくらねこTNR」と名付けられたこの無料不妊手術。飼い主のいない猫に対して、捕獲し(Trap)、不妊去勢手術を行い(Neuter)、元の場所に戻す(Return)。戻す際に、手術を行った猫である目印として、耳先をさくらの花びらのようにV字カットする形を取っている。耳先のカットは全身麻酔で行うため猫は痛みを感じず、出血もほとんどないという。sub2

 青島の人口は、8月現在で9人、平均年齢は75歳以上。現在、3人の島民が「青島猫を見守る会」として猫たちの世話をしているが、将来的な世話が難しくなることを理由に全ての猫の不妊去勢手術を希望していたという。これまでにも愛媛県獣医師会や地元ボランティアらが、80頭の不妊手術を行ってきたが、今も手術をしていない猫が100頭ほどいて繁殖を繰り返しているという。猫は1回の出産で5~7頭の赤ちゃんを生み、年3回出産することができることから、全頭に不妊手術をしないとすぐにまた増えてしまうのが現実だという。

 人慣れしている猫たちは観光客にも人気だが、ケンカで傷ついた猫や虚弱な猫も多く、観光客たちからも猫の将来を心配する声が寄せられているそうだ。同基金では、無料不妊手術のための寄付も募っている。