カルチャー

親字5万字、熟語50万語 大漢和辞典のデジタル版

main パソコンで“書く”ことが主流になって、書けない漢字でも変換すれば“打てる”時代。読めない漢字もオンラインで調べられるが、書くにも読むにも語彙が少な過ぎ、最終的には紙の辞典頼りという人が少なくない。これからはそんな難しい漢字も簡単に検索できるようになる。「大漢和辞典デジタル版」(大修館書店・東京)が11月28日に発売される。その予約の受付が、このほどスタートした。

 親字5万字、熟語50万語を収録した辞典。1927年に編さんが開始され、巻1の発行は1943年。45年、巻2の発行寸前に戦火に遭い、全巻の組置き原版を焼失したが、戦後、保管していた校正刷をもとに復刊をはかり、60年までに初版全13巻を発行している。sub1

 ページ数にして1万ページを超えるこの膨大な情報を、PC1台に収められる。部首、総画、音訓検索はもちろん、デジタル版用として独自に開発した「部品検索」や、ユニコードの直接検索もできる。税別13万円だが、19年3月末までは、発売記念特価として10万円(税別)。