おでかけ

【ディズニーハロウィーン2018】妖しく美しいヴィランズたちに見とれちゃう! 「ザ・ヴィランズ・ワールド」

example 8月の後半から出回り始めた秋限定のお菓子に次々トライ。すでに身体は食欲の秋モードになっているOVO編集部の丸です。体重計に乗るのが怖い季節ですね。

  9月10日に行われた東京ディズニーリゾートのプレスビューにまたまたOVO編集部も参加してきました。

 今回は東京ディズニーシーの“クールで妖しいハロウィーン”をテーマに、ディズニーヴィランズがディズニーの仲間たちと一緒に盛り上げる水上ショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」を紹介します。

舞台はメディテレーニアンハーバー。突然怪しげな音楽が鳴り始めると、キャプテン・フック(『ピーター・パン』)、ウィックド・クイーン(『白雪姫』)、ジャファー(『アラジン』)

、ハデス(『ヘラクレス』)を乗せた船5隻がハーバーに登場。最後にマレフィセント(『眠れる森の美女』)を乗せた船が中央で停止すると、それぞれに自分たちが招待したディズニーの仲間たちを紹介し、特別な衣装に身を包んだミッキーたちが登場します。

 マレフィセントがヴィランズ・パーティーの開会宣言をすると、陸に現れたのはジャファーの傭兵とキャプテン・フックの海賊たち。アクロバティックなパフォーマンスと力強いダンスでゲストを盛り上げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ウィックド・クイーンとミニーが乗る船が中央に来ると、家臣たちがハーバーを囲むように現れ、“美しさ”をアピールするダンスを披露。船にいる二人も優雅なポーズを次々と披露します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 次に中央に来たのはキャプテン・フックとミッキー、プルートが乗った船。キャプテン・フックの海賊たちがウィックド・クイーンの家臣をエスコートして、優雅な社交ダンスが始まり、“気品”をアピール。その様子を見て、子分のミスター・スミーがキャプテン・フックを称える掛け声で盛り上げ、パイロ(花火)が打ち上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 続くハデスは“ユーモア”をアピール。アップテンポな音楽に合わせてハデスやハーバー周辺に登場したタイタン族そして船に乗っていたチップとデール、ドナルドが大笑いして盛り上がります。すウィックド・クイーンの家臣やキャプテン・フックの海賊たちにも伝染し、愉快なダンスに加わります。普段は死を司る冥界の王・ハデスの意外とおちゃめ?な一面を見せてくれる楽しいシーンになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ワシをいつまで待たせるつもりだ!」と割り込んできたのは魔法を使いたくてうずうずした様子のジャファー。「皆の者、始めるのだ!」という掛け声で大旗を持った手下たちが登場し、パフォーマンス開始。「ブーン、ブーン、ババーン!」と呪文を唱えると火山が噴火し、4隻の水上バイクが現れ更にパフォーマンスを盛り上げます。これには船に乗っていたグーフィーも驚いた様子。メディテレーニアンハーバーにいたゲストたちも加わって呪文を唱えて盛り上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 海の歌姫の衣装を着たデイジーが歌い始めると海の底からアースラ(『リトル・マーメイド』)の声が響き渡ります。船からアースラの触手と上半身が現れると、ステージにはアースラの手下であるタコたちが現れて踊りだします。アースラの力強い歌声と手下たちのコーラスが加わった大合唱の締めくくりには、水柱がハーバーに上がりました。

デイジーがソロで歌い始めるのかと思いきや・・・!?
デイジーがソロで歌い始めるのかと思いきや・・・!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

©Disney
©Disney

 マレフィセントが魔力をふるうと、次々に魔法が起き、火山が噴火したり、パイロや水柱があがるなど派手な演出。そして、フィナーレの締めくくりには2台のアクアボードによるアクロバティックなパフォーマンスとともに『眠れる森の美女』でも登場した茨がハーバー全域を囲みます。ミッキーたちディズニーの仲間たちは正面にあるピアッツァ・トポリーノのステージに集まり、パーティーの余韻に浸りながら到着した船に乗り込むとハーバーを一周して観客にお別れをしながら去っていきました。

 クールで格好良くて美しいヴィランズたちの迫力のあるショーに、派手な演出で楽しませてくれる「ザ・ヴィランズ・ワールド」。

 この公演は1日2回実施されているので、いつもとは違うダークなディズニーシーを楽しんでみてはいかがでしょうか?