カルチャー

「日日是好日」って読める? ロングセラーの続編『好日日記』発売

img_168481_1 先日公開された映画『日日是好日』は、女優の樹木希林さんや黒木華が出演していることで話題となっているが、原作は著者でもある森下典子さんの体験をつづった『日日是好日(にちにちこれこうじつ)-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』だ。その続編『好日日記(こうじつにっき)-季節のように生きる』(PARCO出版)が発売された。詳しくは本書を手に取ってもらいたいが、季節を表す「二十四節気」と「茶室」を“味わい”ながら日々を過ごそう、という内容になっている。

 疲れたら、季節の中にいれば、それでいい。
 どこかへ行こうとしなくても、日本は季節をめぐっているのだ。(中略)
 私たちは、季節のめぐりの外ではなく、元々、その中にいる。だから、疲れたら流れの中にすべてをあずけていいのだ……。(本書より)

『好日日記 季節のように生きる』

価格:税別1,500円

判型:四六判上製(イラストフルカラー)