カルチャー

なぜか癒される~ すみだ水族館「ゆらゆらチンアナゴまつり2018」

main よく分からないけれど、見ていると癒やされる、というものが時々ある。チンアナゴもその一つ。すみだ水族館(東京)が来月9~11日まで、チンアナゴの謎だらけな生態を学べるイベント、「ゆらゆらチンアナゴまつり2018」を開催する。

 巣穴から顔を出して水中でゆらゆらと揺れる、ユニークな見た目で、水族館でも高い人気を誇るチンアナゴ。だがその生態は、案外多くの謎に包まれている。イベントでは、群れる、食べるなど、チンアナゴたちの特徴にちなんだプログラムを通して、実は奥が深いチンアナゴについてゆるく楽しく学ぶことができる。

sub3

 またチンアナゴにまつわる問題に答える「ゆらチン!検定」や、世界で初めて撮影に成功した、チンアナゴやニシキアナゴの産卵行動の映像を見ることができる「チンアナゴアカデミー」などもある。

sub5 sub4

 ちなみに11月11日は、チンアナゴの日。なぜかというと、チンアナゴが巣穴から体を出している姿が数字の「1」に似ていて、群れで暮らす習性があることから、一年間で日付に最も1が多い11 月11 日にしたのだという。