おでかけ

【カードキャプターさくら展】 魔法に憧れたあの頃を思い出す展覧会に行ってきた

■「迷(メイズ)な原画ゾーン」

 このエリアには、クロウカード編、さくらカード編、クリアカード編までの原画が前期・後期合わせて約200点が並ぶ。これは、これまでの展覧会の中でも最多の点数だという。主人公さくらのほかにも家族や親友、ケロちゃんにスポットを当て、原画とともに解説ボードが置かれているのでじっくりと見て回りたい空間になっている。また、アナログ原稿ならではの写植や修正液の跡などファンにはたまらないポイントも盛りだくさん。展示される原画は前期・後期で全て入れ替わるので、何回でも訪れたくなる。

 

■「包囲(シージュ)された知世のアトリエ」

カードキャプターさくらといえばこの衣装。作品を知らなくてもこの衣装には見覚えのある人方が多いのでは? ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./カードキャプターさくら展製作委員会
カードキャプターさくらといえばこの衣装。作品を知らなくてもこの衣装には見覚えのある人方が多いのでは?
©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./カードキャプターさくら展製作委員会

 さくらの親友・知世(ともよ)の衣装制作アトリエをイメージしたこのエリアは、作品の大きな魅力でもあるさくらのバトルコスチュームを実際に作成し、展示している。前期3着・後期3着の計6着が展示される予定。

そして、なんとこのエリアにはCLAMP・もこな先生が作成したミニドレスも展示されている。コスチュームだけでなく、まわりの装飾にも注目しながら回ってみよう。

まるで手芸屋さんのようなエリア。トルソーやボタン、布などが所狭しと収められている。 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./カードキャプターさくら展製作委員会
まるで手芸屋さんのようなエリア。トルソーやボタン、布などが所狭しと収められている。
©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./カードキャプターさくら展製作委員会