グルメ

長~いテーブルでプレX’mas 丸の内イルミ点灯の日に

img_169696_1 長さ約25メートルのテーブル、しかもいよいよクリスマスのイルミネーションが点灯する東京・丸の内だ。食を通じて健康な社会を目指すという目標を掲げて活動してきた「食育丸の内」と「丸の内シェフズクラブ」が10周年を迎え、11月8日に特別イベント 「ロングテーブル“絆 KIZUNA”」を開催する。

 在勤者数がおおよそ28万人にのぼり、日本のGDPの約3割を稼ぎ出しているといわれる丸の内。そこで働く人々が食を通して元気になっていくことが、日本全体の活気につながるのではないかという想いから、三菱地所がスタートしたプロジェクトが「食育丸の内」だ。当日は、mikuni MARUNOUCHIの三國 清三シェフら、丸の内シェフズクラブに所属する人気シェフたちの1日限りの特別メニューを、ロングテーブルで楽しめる。北海道や福井、山梨県などの地域食材を使用した、メインからデザートまでのバリエーション豊富な内容だ。

 丸の内仲通りは、同日からイルミネーションが点灯。プレクリスマスにはぴったりのイベントだ。ランチタイム(12:00~14:00)は、CHINESE 青菜、銀座寿司幸本店のみ出店、ディナータイム(17:00~20:00)は全ての店が出店する。