カルチャー

「有田とフランス人間国宝」 日仏伝統芸術のコラボ

 扇作家(メートル・ダール)シルヴァン・ル・グエン氏の作品 PETALES DE GIVRE by Sylvain Le Guen ©NATHALIE BAETEN

扇作家(メートル・ダール)シルヴァン・ル・グエン氏の作品 PETALES DE GIVRE by Sylvain Le Guen ©NATHALIE BAETEN

 歴史や伝統、芸術を尊ぶ国、日本とフランス。その究極の技のコラボレーションを堪能できる展示、「有田とフランス人間国宝」~ワザノワ会議-有田~が、11月18日から25日まで、佐賀県有田町で開催される。フランスの人間国宝(メートル・ダール)の作品と、有田焼の人間国宝や佐賀県内で活躍する作家の作品が一堂に会する。日仏友好160周年を佐賀で楽しみつくそう。

有田の陶芸作家 庄村久喜氏の作品
有田の陶芸作家 庄村久喜氏の作品

 日仏共演展示では、フランス人間国宝数名の作品が、親和性のある有田の作家とともに有田町の名刹、桂雲寺に展示され、手仕事の芸術性を異空間で感じることができる。シルヴァン・ル・グエン(扇)、ジャン・ジレル(陶器)、ロラン・ダラスプ(金銀細工)、ミシェル・ウルトー(傘)や、十五代酒井田柿右衛門、十四代中里太郎右衛門などの作品たちの競演は見どころ満載だ。

 また、フランス人間国宝作家によるトークイベント「手仕事の未来」や、有田の町屋を使った空間演出のワークショップなどもある。