カルチャー

インフルエンザの季節に『菌娘と学ぶ感染症イラスト図鑑』で楽しく学ぼう!

kin_cover.indd バンブルマン(東京)は、『菌娘と学ぶ感染症イラスト図鑑』(宝島社刊)をプロデュース。この本の著者は、医療のプロが集まった創作サークル・医療美術部で、細菌とウイルスについて楽しく学べる一冊だ。

 菌の生態や治療法に通じた著者ならではの視点で描いた菌娘は79体。風邪やインフルエンザの季節、菌娘と共に正しい知識を身につけることができる。

 菌を美少女に擬人化したキャラクター「菌娘(きんむす)」とともに感染症の特徴や予防法を学べる構成。ビフィズス菌、ウェルシュ菌、インフルエンザウイルスといった身近に潜むものから、緑膿菌、梅毒、チフスなど耳にするものの、その特徴、脅威、予防法になじみのないものまで幅広くカバー。

 著者の医療美術部は、医師、看護師、薬剤師、医療系学生など、創作活動が好きな人達が、楽しく交流や活動を出来る団体を目指し、サイエンスイラストから漫画まで、「楽しく学べる、正しい医学」という制作コンセプトのもと活動している。

 バンブルマンは、2017年に創業したキャラクター会社で、国内外のデザイナー、アーティストと共にさまざまなメディアやコンテンツを通じてキャラクターをプロデュースしている。