ファッション

ずっと愛せる一生モノ特集 人生100年時代に必要な物って?

main 最小限のモノだけで暮らすミニマリストが話題だが、必需品ならできればずっと使える“一生モノ”がいい。そんなずっと愛せる「一生モノ」を特集した『Begin3月号』(世界文化社・東京)が発売された。

 考えられた良質な素材、時代を超えて通用する恒久デザイン、そして手が届く適正価格が合言葉。高価な名品でなくても、ずっと使い続けることができる逸品たちだ。

 「ニッポンの今どき焼き物図鑑」や「欧州の日用品語録 AtoZ」など、ページをめくるだけでも楽しそうだ。定価690円(税込み)。