社会

採用面接でうそ発見! 経歴詐称から会社を守る

main 時折話題になる「経歴詐称」。話してみれば「ん?」ということもあるが、客観的な裏付けがないままだとそのまま“通過”してしまうことが少なくないのは周知の通り。そこで、採用面接時の虚偽情報を検知する「面接うそ発見研究所」(KUROKO・東京)という企業の“助っ人”を紹介しよう。

 採用面接では、通常応募者から提出される履歴書・職務経歴書を基に、複数回の面接を実施して合否を判定するが、応募者が提出した情報が本当に正しいものかどうかはなかなか分からない。個人情報保護法の施行で、従来行われていた在籍確認や前職調査をはじめとするリファレンスチェックが難しくなったことも一因だそうだ。

 そこでこの「面接うそ発見研究所」は、企業からの依頼に基づき、選考過程で取得した情報の真偽確認を応募者の同意を得た上で行う。例えば応募者の実際の仕事ぶりや社内外の人間関係、素行・性格に問題がないか、過去にハラスメントや重大なトラブルを起こしていないかなどを、企業に代わって調査してくれる。