カルチャー

廃棄傘を削減する妙案? ビニール傘を花で彩るステッカー

img_177021_1 雨が降ってきたけれど今日は折り畳みも持ってない、というときに気軽に買えるビニール傘。どこかに忘れても“罪悪感”が少なく、結果として廃棄傘が増えていく。そんなかわいそうな傘たちをデコレーションできる花のステッカー、「hanafull」(バンタン・東京)を学生が考案して商品化、大阪市のSPOONBILL天王寺で数量限定販売されている。

 ニッポンは世界で有数の傘の大量消費国。その消費量は年間に1億3000本を超え、多くが破棄されているという。そこで廃棄傘を減らすための施策として、バンタンデザイン研究所大阪校が産学協同プロジェクトを実施。雨や水と親和性の高い「植物」をテーマとして、学生たちが傘に貼るステッカーを開発した。

 自分でデザインした傘なら愛着を持って使えるし、傘立てに自分の傘が紛れてしまってもすぐ分かる。気に入ったデザインの傘がなくて、とりあえずビニール傘、という人も好みのデザインにできて楽しそうだ。税込み540円。