カルチャー

「梅」「菫」「桜」 令和を迎える慶びの色

新元号慶祝カラー 新元号の印象があちこちで語られている。万葉集を典拠としているため、日本古来のイメージが前面に出たものが多いかもしれない。色も同様だ。日本流行色協会(東京)が発表した「令和 慶祝カラー」は、「梅」「菫(すみれ)」「桜」の三つ。春の訪れを知らせる日本の代表的な花にちなんで選ばれた。

 どの花の色も、私たちの身近にあり暮らしの中に溶け込んでいる色。自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くよう、願いを込めて選んだという。色相、トーンなどで系統的に分類した色名はそれぞれ、モデレート・パープリッシュ・ピンク(梅)、ダーク・パープル(菫)、ペール・パープリッシュ・ピンク(桜)だ。確かにこの淡い色と紫の組み合わせ、古の雅な雰囲気が漂い、“古典回帰”を思わせる色合いだ。