おでかけ

難病を患う子どもとその家族に社会との交流の場を カトープレジャーグループが関西で初の受け入れ

難病を患う子どもとその家族に社会との交流の場を カトープレジャーグループ、関西で初の受け入れ 画像1
カトープレジャーグループ 「京都るり渓温泉 for REST RESORT」

 

 カトープレジャーグループ(大阪市)が運営する「京都るり渓温泉 for REST RESORT」(京都府南丹市)は、5月18、19の両日、公益社団法人「難病の子どもとその家族に夢を」(東京都中央区)が実施している「ウィッシュ・バケーション・プロジェクト」を無償で受け入れる。

 「難病の子どもとその家族に夢を」は、“難病を患う子どもとその家族”と社会への架け橋を目指して支援する団体で、「ウィッシュ・バケーション」を通じて社会の人々との交流を持ってもらおうと活動している。「大丈夫、独りじゃない」と実感していただくことを切望しているとしている。

 カトープレジャーグループとしての同プロジェクトの受け入れは、沖縄の「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」、長崎の「i+Land nagasaki」でこれまでに7回行っており、関西地区では初となる。