カルチャー

コミック『明仁天皇物語』 上皇・上皇后両陛下の軌跡を描く

main 改元を機に振り返る機会が多かった平成時代。戦争のない時代を、人々に寄り添って歩んだ平成の天皇を描いた本格ドキュメントコミック『明仁天皇物語』(小学館)が刊行された。象徴としての在り方を模索し続けた上皇・上皇后両陛下の姿を、肩肘はらず、コミックで追うことができる。

 

 2016年8月の衝撃の“お気持ち”表明から遡り、史実を元に一部創作を交えながら、戦時下の少年時代、学生時代、ご成婚、即位、戦争被害者への慰霊の旅、被災地訪問に至るまで、平成の両陛下の旅路を描いた。序章、終章含む十章立て。完全描き下ろしで全一巻完結。『昭和天皇物語』の協力スタッフが、原作・脚本・監修を担当。作画は『帝一の國』の古屋兎丸氏だ。価格は本体680円(+税)。