カルチャー

ちばアクアラインマラソン 2020年に2年ぶり開催!

1_original

 東京湾アクアラインの上を走る名物マラソン大会「ちばアクアラインマラソン2020」が、来年2年ぶりに開催される。千葉県はこのたび、大会要項を発表。PR大使は前回に続き、マラソンランナー・スポーツコメンテーターの千葉真子さんが務める。

 開催日時は、2020年10月18日(日)。車いすハーフマラソンは午前9時55分スタート、マラソン・ハーフマラソンは、午前10時スタートだ。

 マラソンの参加定員は1万2,000人で、制限時間は6時間、参加費は1万3,500円。ハーフマラソンの定員は両種目合わせて5,000人(車いすハーフは10人程度を目安)、ハーフの制限時間は3時間10分、車いすハーフは1時間10分で、参加費はいずれも1万500円。

東京湾アクアラインを走るランナー
東京湾アクアラインを走るランナー

 参加申込はインターネットから。申込期間は2020年4月3日正午から5月7日午後5時まで。
 また、以下の新たな取り組みを実施する。

(1)「チームスピリット枠」の新設

 県全体のスポーツ振興と更なる地域間交流を目的とし、県内市町村へ推薦枠を設け、参加チームごとにタイムを競う「市町村対抗の団体戦」をマラソン種目で実施する。

(2)「スマイル枠」の新設

 「する」スポーツの楽しさを感じる機会を提供し、マラソン種目でマラソン未経験者やランニング初心者向けに優先枠を設ける。

(3)おもてなし受付の実施

 海外在住の外国人ランナーに対して前日受付を実施し、余裕をもった出走準備をしてもらうとともに、大会当日の情報や千葉の魅力を伝えるなど、千葉県らしいおもてなしを実施する。