おでかけ

店が踊り出す!?京都の「不思議な宿」  怪奇現象の部屋も

main

 京都にはたくさんのゲストハウスがある。差別化は大変だ。そこで「これまでとは全く趣向の異なる宿泊施設」との触れ込み。「不思議な宿」(ブルーパドル・東京)がオープンした。テクノロジーとエンタメと京都が融合した「遊べる」ゲストハウスだそうだ。

 室内で起こる怪奇現象のレベルを調整できる「怖い部屋」、壁がスイッチだらけの「多い部屋」、景色を変えられる「景色の部屋」、人気ボードゲームがそろった「ボドゲの部屋」など、不思議な11の客室がある。共有スペースには音楽に合わせて踊る喫茶店なんていうのも。各部屋、1人1泊7,500円から。令和時代の京遊び。いかがですか~?