カルチャー

SUMO+YOGAの逆輸入! 体の深部を鍛える「四股コアダイエット」

img_192994_1

 ヨガにはもともと体幹(コア)を鍛えるポーズが多いが、体の土台をより強化しようというのがSUMO YOGAだ。女性向けのホットヨガスタジオ「ロイブ(loIve)」(LIFE CREATE・札幌市)は、相撲とヨガを掛け合わせた最新のダイエットヨガ「SUMO YOGA」の提供を始めた。

 

 SUMO YOGAはフィットネスの本場アメリカで好評だったレッスンを逆輸入したもの。相撲の基本動作である四股(しこ)の動きは、通常の筋トレでは鍛えにくい体の深層部であるコアの筋肉を鍛え、両脚を開いた状態で腰を下ろす蹲踞(そんきょ)の姿勢は、足首やふくらはぎの強化に効果的という。下半身の筋肉を鍛えて柔軟性を向上させつつ、引き締まった美脚を作り上げるのがSUMO YOGAだ。もう一つの特徴は、あぐらの姿勢を取ることが多いヨガの瞑想を正座で行うこと。正座という和スタイルの瞑想で精神統一を図るという。

 SUMO YOGAで消費できるカロリーは最大500~800kcal。ちょっと新しいことをやってみたいという人は、SUMO YOGAを試してみる?