カルチャー

小説 弱虫ペダル ノベライズ化スタート

main

 当初から全部読んでいる人はもちろん、寝る間も惜しんで一気読みしたという“追走組“も多い渡辺航さんのスポーツ漫画「弱虫ペダル」が、ついにノベライズ化される。『小説 弱虫ペダル』(岩崎書店・東京)の1,2巻が10月15日に発売される。

 『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に2008年から連載中の“弱ペダ”。現在63巻まで刊行され、累計部数はなんと2500万部を超えている。アニメ化、舞台化、テレビドラマ化もされたほか、直近ではサイクリングイベント「ツール・ド・東北2019」とコラボするなど、さまざまなメディアミックスが展開されている。12年前小中高生だった読者も、いまや大人。そこで、現在の小中学生、さらには漫画を読まない人たちにも、この作品の面白さを知ってほしいと、ノベライズ化を企画した。

 活字離れを食い止めたいという、児童書出版社としての願いと、原作出版社の秋田書店の全面協力で実現する小説版。渡辺航氏の漫画のカットがふんだんに挿入され、「弱ペダ」の空気と躍動感にたっぷりひたれる。

 『小説 弱虫ペダル』特集サイト→https://www.iwasakishoten.co.jp/special/contents/pedal/ 10/1公開予定