カルチャー

銀座にeスポーツの発信拠点完成  「コナミクリエイティブセンター銀座」竣工式

KCC銀座全景
KCC銀座全景

 オンラインゲームの腕前を競う「eスポーツ」の人気が日本国内でも高まる中、銀座の一角に「コナミクリエイティブセンター銀座」(KCC 銀座)が完成し、12月9日に竣工(しゅんこう)式が開かれた。式典には、関係者30人超が出席。コナミリアルエステートの東尾公彦社長、銀座通連合会の齋藤充理事長らが、神事で玉串をささげた。

 KCC銀座は、地上12階、地下1階で、延べ床面積は2万2509平方メートル。1Fから3Fにはeスポーツの複合施設が開設される。複数言語による同時配信や、ライブ映像へのCG合成など、最新の設備を導入した「eスポーツ銀座スタジオ」は、eスポーツの国際大会も開催できる。「eスポーツ銀座スクール」では、eスポーツ人口の裾野を広げるために、選手をはじめ、イベントを演出・中継するスタッフ、大規模な大会の運営など、多様な人材を育成していく。来年4月の開講に向け、施設見学会や説明会なども行っている。また、銀座通りに面した1Fにオープンする、eスポーツ銀座ストアでは、オリジナルのゲーミングPCや周辺機器、配信する人向けの設備など、eスポーツに関するアイテムを取り扱う。

神事で玉串をささげたコナミリアルエステートの東尾公彦社長
神事で玉串をささげたコナミリアルエステートの東尾公彦社長

 東尾公彦社長は、「無事に竣工式を終えることができ、喜ばしくうれしく思っている。古い歴史があり、一方で革新的なイベントも開催され、映画や演劇などいろいろな文化が生まれている銀座の地に、ご縁をいただきありがたく思っている。日本を代表する地である銀座から世界に向けて、eスポーツの情報発信をしていきたい」などと話した。人気の高まりを受けてeスポーツ関連の施設も国内でも作られてきているが、最新鋭の機器を備えた施設は国内で初めてではないかという。

竣工式後に思いを語ったコナミリアルエステートの東尾公彦社長
竣工式後に思いを語ったコナミリアルエステートの東尾公彦社長

 設計を担当した櫻井潔建築設計事務所・ETHNOSの櫻井潔社長は、「世界の銀座に、コナミさんが創業50周年を記念してクリエイティブセンターを作るという話をいただいた。若い人たちを対象に最先端の情報を世界に向けて発信する基地になり、銀座の人通りも変わってくるのではないか」と街の変化にも期待を寄せた。その点を意識し、1・2階を吹き抜けにしてパブリックスペースやカフェ・レストランを並べるなど、開放的な雰囲気の建物を目指したという設計の意図も説明した。

設計の意図について説明した櫻井潔建築設計事務所・ETHNOSの櫻井潔社長
設計の意図について説明した櫻井潔建築設計事務所・ETHNOSの櫻井潔社長