カルチャー

1000点の仕事とエッセイをまとめた作品集 暮しの手帖やクウネルなど

カバーオビ(確認用)

 書籍挿画や雑誌挿絵、広告など、多岐にわたり活躍する画家、牧野伊三夫氏の30年以上にわたる仕事をまとめた初の作品集、『牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記1987-2019』が12月18日、刊行される。

 「イラストレーション=複製を前提として描く絵」と定義。書籍をはじめ、『暮しの手帖』や『クウネル』などの雑誌や広告、葉書など、数万点の作品の中から約1000点に絞って掲載した。デザイナーや編集者とのエピソードをまとめたエッセイも収録。グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートさせた著者ならではの、さまざまな思考やアプローチがわかる内容になっている。

 イラストレーターを目指す人はもちろん、デザイナーや編集者にとっても、肩ひじを張らない絵の楽しみを教えてくれる一冊だ。価格は税別1万3,000円