SDGs

SDGsのカードゲーム 日本語版に続いて英語版をリリース

THESDGs Action cardgame “X(cross)”
THESDGs Action cardgame “X(cross)”

 金沢工業大学(石川県野々市市)の学生によるSDGs Global Youth Innovators(メンバー30名)がリバースプロジェクト(東京)と共同で開発した英語版SDGsカードゲームの製品版 THE SDGs Action cardgame “X(cross)”が完成。12月28日から、リバースプロジェクト オフィシャルウェブサイト オンラインショップで購入できる。

 持続可能な社会づくりを盛り込んだ新学習指導要領が2020年度の小学校から始まり、中学校、高等学校へと順次実施される一方、英語教育に力を入れる学校も多く、日本語版とともに英語版の製品化に大きな期待が寄せられていた。

 THE SDGs Action cardgame“X(cross)”はSDGsの達成に向けたアクションアイデアを創出するためのカードゲーム。日本語版、英語版とも金沢工業大学SDGs推進センターのWebサイトから無料でダウンロードができるが、小学校、中学校、高等学校における日本語や英語を使ったSDGs学習の教材として、また企業や団体等における研修の一環として、製品化を望む声が多かった。2018年9月25日からクラウドファンディングを実施。204人の支援によって、5月の日本語版(税込み2,750円)に続き、このたび英語版を完成することができた。

_prw_PI2lg_L05XR42K

 英語版は、日本語版のカードをそのまま英訳したもの。トレードオフカード(全34種類)とリソースカード(全34種類)の2種類のカードにより構成されている。トレードオフカードはSDGsの17の目標達成に向けて想定される「トレードオフ」と呼ばれる課題が描かれており、リソースカードには課題解決に使えるAIやロボットなどの技術や製品、サービス等のアイテムが描かれている。

 英語版はリバースプロジェクト オフィシャルウェブサイト オンラインショップで購入できる(同3,850円)。

 製品版の収益はすべて小・中・高・大学生への認定ファシリテーター養成講座の無償提供やジャパンSDGsユースサミットへの参加支援など、次世代を担う若者に対するSDGsの普及活動に充てる。