カルチャー

住みたい田舎はどこ? 山口、愛媛、鳥取、山形がランクイン!

d5069-972-146232-0

 「田舎」という言葉は、豊かな自然やゆったりと流れる時間に結び付き、せわしない街と対照的なゆとりを表す言葉になりつつある。インターネット環境さえあれば場所を選ばない仕事も増え、移住が視野に入っている人も少なくない。そこで、月刊誌『田舎暮らしの本』2月号(宝島社、税込820円)の「2020年版 第8回 住みたい田舎ベストランキング」を。

 移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む230項目のアンケートを実施。629の自治体の回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介したものだ。自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人と、都会の便利な暮らしも捨てがたい人双方のニーズに応えるため、人口10万人未満の「小さなまち」と、人口10万人以上の「大きなまち」に分類。さらに、世代によって移住者のニーズや施策がさまざまなことから、全世代対象の総合部門のほか、若者世代、子育て世代、シニア世代と4部門を設定した。

 まず「大きなまち」では、総合部門は山口県宇部市、若者世代では愛媛県西条市、シニア世代が山形県酒田市、子育て世代は鳥取市が1位。若者世代で1位の西条市は、地域おこし協力隊制度を起業支援に特化した「ローカルベンチャー誘致・育成事業」を実施しており、若者世代や起業を目指す人の移住に成果を上げている。

 「小さなまち」では、ランキング常連の大分県豊後高田市が総合、子育て世代部門双方で1位、大分県臼杵市が若者、シニア世代部門で1位と、それぞれ2冠を獲得。大分県の2市が4部門を占めた。

★大きなまちランキング

【総合部門】

第1位 山口県宇部市

第2位 鳥取県鳥取市

第3位 静岡県静岡市

【若者世代が住みたい田舎部門】

第1位 愛媛県西条市

第2位 鳥取県鳥取市

第3位 静岡県静岡市

【子育て世代が住みたい田舎部門】

第1位 鳥取県鳥取市

第2位 福岡県北九州市

第3位 宮崎県延岡市

【シニア世代が住みたい田舎部門】

第1位 山形県酒田市

第2位 山口県宇部市

第3位 福岡県北九州市

★小さなまちランキング

【総合部門】

第1位 大分県豊後高田市

第2位 山梨県北杜市

第3位 島根県飯南町

【若者世代が住みたい田舎部門】

第1位 大分県臼杵市

第2位 島根県飯南町

第3位 長野県飯山市

【子育て世代が住みたい田舎部門】

第1位 大分県豊後高田市

第2位 大分県臼杵市

第3位 島根県飯南町

【シニア世代が住みたい田舎部門】

第1位 大分県臼杵市

第2位 大分県豊後高田市

第3位 兵庫県養父市