SDGs

無印プラバッグ廃止へ 夏前に全部紙製に

main

 プラスチックごみ削減を目指し、この夏からレジ袋の有料化が義務付けられるのは周知の通り。マイバッグを持つ人も増えてきたし、バイオプラスチックや紙袋などに切り替えた店も多い。無印良品(良品計画)でも、プラスチック製のショッピングバッグを3月以降順次廃止、6月末までに全ての店で紙製のショッピングバッグにする。

 ブランド創生以来、素材の選択、工程の見直し、包装の簡略化という視点を重視してきた同社。一度使っただけで廃棄されることの多いプラスチック製のショッピングバッグを廃止して、紙製バッグのサイズを拡大。大きなサイズの商品やまとめ買いに便利な「再生ポリプロピレンバッグ」(3サイズ)は、消費税込み150円で販売する。さらに不要となった場合は、無印良品全店で返品可能だ。