カルチャー

全国初!自治体による「保育施設併設オフィスづくり」 出社も退社も子どもと一緒に

広島1拠点目:peekaboo袋町
広島1拠点目:peekaboo袋町

 仕事に復帰したいけど、近場で保育園の空きがない。仕事探しをしようにもその間子どもを預ける場所がなく、企業には子どもの保育園が確定しないと採用できないと言われる。このような状況に陥ったことがあるママは少なくないのでは。全国の待機児童数は約1万7,000人。意欲はあるのに就業できないでいる女性がいることは、社会全体にとっても大きな損失だ。香川県は、総務省の「シェアリングエコノミー活用推進事業」の一環として、子育てママのキャリア形成を支援する「peekaboo」(ピーカブー、広島市)と特定非営利活動法人「価値創造プラットフォーム」(佐賀市)と連携。香川県庁舎の空きスペースを活用し、企業主導型の保育園を併設した「子育てママの働くオフィスpeekaboo香川」を設置する。

広島2拠点目:peekaboo八木
広島2拠点目:peekaboo八木

 オフィスに併設されるピーカブー香川保育園は、ピーカブーオフィスで働くママらが託児料無料(!)で利用できるほか、ママが働くすぐそばで子どもを預けて働けるという安心できる環境が最大のメリット。オフィスピーカブーでは「WEBライティング」を中心に業務委託・パートの職種を募集。ピーカブーでは“自分自身の今後のキャリアについて考える場所”であることを重視していることから、別の職場を紹介したり他企業での勤務を推奨したりしていることも特長だ。子育て中のママが自分に自信を持ち、自分の人生の選択肢を増やすことを目指している。4月には山梨県でフランチャイズ第2弾の開設を予定している。

「ピーカブー香川」

高松市天神前6番1号 香川県天神前分庁舎2階

スケジュール:オフィス部分は2月下旬にOPEN(保育園がスタートするまでは、在宅ワークOK)、10月に保育園スタート予定。子どもと一緒に出勤可能に。

保育料:無料

定員:45人

利用できる対象:併設オフィス勤務者などの子ども(0~2歳まで)